カテゴリ:アクセサリー( 5 )


先月元気に咲いてくれた、我が家のオールドローズ「カーディナル・ド・リシュリュー」。



a0198542_14381775.jpg

            美しい姿と良い香りで、楽しませてくれました。



元気に咲いてくれたバラを、何かかたちに出来ないかなと考えていたところ・・・



a0198542_14405961.jpg

       ホビーショーで買った古裂のなかに、ちょうど同じ色のものを発見!



それならば・・・と、つまみ細工でオールドローズを作ってみることにしました。


何と言っても、花びらの多い、オールドローズ。
小さな花びらをひとつずつつまんで、組み立てて・・・。
やっと、「枯れないバラ」が、完成!




a0198542_151792.jpg

          手のひらサイズの「リシュリュー枢機卿」が、咲きました♪。



ネックレスなどにジョイント出来るように、上下にピンを付けました。


リシュリューと言えば、あの「三銃士」にも出てくる、歴史上の人物。
いろいろな映画の場面を思い出しながら、愉しく身に着けたいと思っています。




a0198542_1592669.jpg


                「All For One,One For All!」
[PR]
先日、母にプレゼントしたブローチに続き、自分用の黒いブローチを
制作しました。

秘蔵っ子の、ヴィンテージのシャネルのボタンが、主役です。



a0198542_222134.jpg

         存在感のあるボタンに合うように、パーツを配置しました。


黒い花のセンターには、ビーズのタペストリーワークの花を乗せて・・・。
ビーズを留めていくと、だんだん花のかたちがはっきりしてきて、楽しくて
夢中で作業をしました。

周囲には、アーティフィシャルのアジサイ(黒)の花をワイヤリングして、入れてあります。


a0198542_2252370.jpg

            タペストリーワークのピアスも、作ってみました。



a0198542_2273251.jpg

             小さめのシャネルのボタンで作った、リング。



ボタンの、バスケットのような表面の模様、サイドのリーフの模様・・・。
何て手が込んでいるデザインなんでしょう・・・! 素敵過ぎです!



a0198542_22114061.jpg




身に着けると、憧れの「マドモワゼル」がそばにいてくれるような気持ちになれる
アクセサリーセット。

背筋を伸ばして、大切に使っていきたいなと思っています。
[PR]
先日のホビーショーで、ウキウキとお買い物してきた、
正絹のちりめん生地と、着物の古裂。

頭の中でいろいろと考えて・・・3つ、作品を作ってみました。


1つめは、身に着けるもの。


a0198542_1664877.jpg

         ラウンド型の、花寄せブローチ。このところの定番です(笑)。



下のお花3輪を、大きい花は着物の古裂、小さい花はちりめんで作りました。
ビーズの花やヴェネチアンパールも合わせて、ちょっとフレンチテイストな仕上がりです。


今回、初めてトライした、「つまみ細工」。
発祥は江戸時代。舞妓さんの花かんざしなどに使われている、伝統の手芸です。

ちりめんに触れるのも、昔懐かしい、チューブ入りの「のり」で花びらを貼っていく
(花びらを「葺く」と言うのだそうです)のも、私にとってはとっても斬新で、
肩をバリバリにしながらも夢中で作ってしまいました。



2つめは、部屋に飾るものを作りました。


a0198542_16171683.jpg

          手のひらサイズの陶器のフレームに、白一色で花をアレンジ。



ブルーグレーの着物地を貼ったベースに、ちりめんのお店の方が
ブライダルにもいいよ、とお勧めしてくれた銀糸入りの絹地と、
白いちりめんで花を葺きました。

頭にあったのは、ウェッジウッドの器のデザインだったので・・・
こちらはフレンチというより、ブリティッシュテイストかも知れません。



a0198542_16195214.jpg

     ブログのタイトルにしてしまったくらい大好きな、「白と青」の組み合わせ。



1つの色だけで果てしなく表情を変えられるのは、やっぱり「白」という色の持つ力。

近くで見ると・・・花の立体感が、ホイップクリームに見えたりもしますね(笑)。
とっても気に入ったので、ベースの色を変えて、いろいろ応用してみたいと思っています。



3つめも、やはり身に着けるもの。


a0198542_16335975.jpg

         花かんざしの作り方を応用して作った、ミニコサージュです。



葉っぱ以外は、全てちりめん。
ブルーのグラデーションに染められたちりめんは、反物で見ても素敵でしたが、
お花になるとただただウットリの、綺麗さ&可愛さでした・・・!




a0198542_16385839.jpg

             ちりめん独特の、優しい風合い。大好きです。



1輪ずつが独立すると、ぐっとアレンジの幅が広がります。
アーティフィシャルフラワーと組み合わせて、ブーケを作ってみたい・・・というのが、
次なる野望(?)です(笑)。


新しいことに取り組むのは、分からないことや難しいことももちろんありますが・・・
いろいろ努力や工夫をして、それが形になったときの「やった~♪!」という達成感と、
例えば「花1輪作るのに、こんなに手間がかかってるんだ・・・!」と分かって、
先達の方々へ尊敬の思いを抱いたり、謙虚な気持ちになったり出来ることが素晴らしい♪!
と思ったりしている、今日この頃です。



ベリーショートの髪型では、残念ながらかんざしをすることは出来ませんが(涙)・・・
これからも楽しく、ちりめん遊びをしていきたいなと思っています。
[PR]
こんにちは! いよいよ今日から、ゴールデンウィーク・・・。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

しばらくブログの更新がストップしてしまいましたが、先月末は
仕事、ホビーショー、英語の講習会(単発の)などなど、飛び回っており・・・
このところ、一息ついて充電中の日々を過ごしています。


先日伺った、東京ビッグサイトの、ホビーショー。
初めてだったのですが、出展ブース&来場者の多さに、ただただびっくりでした!

見たことがなかった新しいクラフトに驚き、作家さんの作品に見とれ、
いい刺激をたくさん頂いて、帰って来ました。


そして、嬉しかったのは・・・全国各地の手芸関係のお店も、出展されていたこと♪!
ちょうど探していたものに出会えて、夢中でお買い物をしてきてしまいました。



a0198542_16153437.jpg

             京都のちりめんのお店の、絹のちりめんです。


大好きなブルーのグラデーション。見ているだけで、ウットリです♪。

一般の手芸店のちりめんは、ほとんどがレーヨンか、ポリエステル。
正絹のものはネットで探してもなかなかないので、本当に嬉しかったです!

右側の、金糸と銀糸が織り込まれた生地は、お店の方がお勧めしてくれたもの。
とても素敵な生地を関西弁でお勧めされて、「じゃあ、それも♪!」と頂いてきました(笑)。



a0198542_1550269.jpg

                着物の古裂も、買ってきました。


少しくすんだ優しい色合いが、アンティークならでは。
どんな方が着ていたのでしょうか・・・。




a0198542_15555530.jpg

            先日、母が京都で買ってきてくれた、手描きの古裂。



本当に繊細なグラデーション。素晴らしい職人芸です。
この生地には、とてもはさみを入れられないので、そのうちにバッグなど、
柄を生かせるものに仕立てたいなと思っています。



しっとりと柔らかな手触りと、優しい光沢と、色。
やはり、絹ならではの魅力だなあと思います。

着物や、色合わせなど、日本古来の文化をしっかり勉強したいな・・・と、
改めて思いました。


現在・・・素敵なちりめん&古裂で何を作ろうか、構想中(妄想中)。
ゴールデンウィーク中には、制作したいと思っています♪。
[PR]
今月に入ってだいぶ時間が出来たので、自分の引き出しを増やすべく
いろんなことにアンテナを伸ばしているのですが・・・
花のアクセサリー作りも、その1つ。


a0198542_15111196.jpg

     作品集や作り方の本、歴史などなど・・・。いろいろと楽しく、勉強中です。


やっぱりいくつになっても、今まで知らなかったことを知る喜びというのは
とても大きいな、と、しみじみ思っています。

そして、そこから自分なりに工夫して、形にするという達成感。
いろいろ手探りしながら、自分らしい作品作りをしていけたらな・・・と、思っています。



さてさて・・・先日、自分用に、フラワーブローチを作りました。

色は、大好きなターコイズブルー。
そして、大切にしまっておいた、とっておきのリボンを使いました。



a0198542_1520820.jpg

      はるばるパリからやってきた、ブルーグリーンのストライプのリボン。


素敵なフランスのアンティークや雑貨を扱っている、リーヴル・ド・ヴェールさん
イベントで購入した、パリの手芸店「ウルトラモッド」の、リボンです。
ニュアンスのある色合いが、さすがフランス・・・!な、リボン。
やっと、使うことが出来ました♪!



a0198542_1526754.jpg

         リボンの色に合わせてセレクトした、いろいろなパーツたち。



めずらしいリネンのアーティフィシャルフラワーや、スワロフスキーのエレメンツなどを、
いろいろ組み合わせて・・・。




a0198542_15302428.jpg

     フラワーパーツが集まった、コサージュのようなブローチに、仕上がりました。



a0198542_1532092.jpg

         ゴールドとターコイズブルーの相性の良さを、再発見!



メタルのフラワーパーツは、時とともにブロンズっぽく変色していくと思うので、
「育てていく」楽しみもあるブローチに、なりました。




そして・・・もう1つのこだわりのパーツは、こちら。



a0198542_15362466.jpg

          ビーチグラスのような、淡いブルーのガラスのパーツです。



こちらのパーツ・・・何と、古代ローマの遺跡から出土した
ガラス片を加工して、作られているのです!

1000年以上前の、古代ローマ人の生活を彩っていたガラス。
想像するだけで、何だかドキドキしてきます。

ロマンティックなガラスのパーツも加えて、地中海のブルーに仕上がった、フラワーブローチ。
いろいろな服に合わせて、楽しみたいと思っています。




                    * おまけ *

 先日、母と会ったときにこのブローチをして行ったので、
「このガラスのパーツはね・・・」と夢中で説明したところ、
「え~?! じゃあ「テルマエ・ロマエ」の時代じゃない~!」と、言われました。


・・・確かに、そうなんだけど。でも一応、フィクションなので・・・(笑)。


せっかくなので、4月26日、「良い風呂の日」公開のパート2は、
このブローチをして観に行こうかな・・・と、思っています♪。
[PR]