春香る、ミモザのリース。

こんばんは。こちらは今日、ときどき風花の舞う、寒いお天気でした。
(晴天時に舞う雪を「風花」と名付けた、昔の人の感性・・・。ホントに素敵ですね♪!)

でも、暦の上では、もう春。ひと足早く春を感じに、今日はとっても楽しみにしていた、
綴り菜さんのミモザのリースのワークショップに参加してきました。

綴り菜さんは、お花の生産者さんの想いや、お花の命をとても大切にしていらっしゃる
「花」ではなく「葉菜」屋さん(この字を充てられた感性も、とっても素敵です♪!)。

全て国産の、とびっきりの花材を準備して下さって、ユーカリやミモザのいい香りの中、
ワークショップが始まりました。

今日のリースは、生花で作ったものがそのままドライになって楽しめるもの。
「ということは、ちょっとモリモリくらいのほうがいいのかな・・・?」と考えつつ、
リースベースに花材をワイヤーでくくっていきました。

小さく切り分けた花材は、同じ種類でも1つ1つ、それぞれ形も表情も違っていて・・・。
自然の造形の見事さに、改めて脱帽!

いろんなことを感じながら、本当に楽しく作ることが出来た、ミモザのリース。



a0198542_23212373.jpg

              こんな感じに、仕上がりました。


a0198542_23224641.jpg

      ひよこのようなフワフワなミモザの花と、コロコロ可愛いミモザのつぼみ。


a0198542_23235667.jpg

              横からだと、また違った表情に・・・!


a0198542_23244767.jpg

           素敵過ぎるお店のドアのハンドルも、一緒にパチリ♪。


a0198542_23264264.jpg

        ワークショップのあとには、美味しいスイーツ&コーヒーが☆!


甘すぎないオトナな味わいのエクレアと、素敵な器で頂いた、コーヒー。
とっても美味しかったです♪。


「えいっ!」と飛び出た花材があったり、何だか性格が出た・・・?という感じの、
ミモザのリース。大切に持って帰って、ドライにするためにそっと、置いておきました。



a0198542_23332384.jpg

            ドライになったらやってみたい、素敵な飾り方。


部屋を暗くして、美味しいチーズとワインで「花見酒」なんていいな~と、
勝手に妄想中です(笑)。


お花が大好きな方達と一緒に、まっすぐお花に向き合いながら楽しく過ごせた、
とっても幸せな時間でした。

リーヴルさん、綴り菜さん、本当にありがとうございました♪!
[PR]
by serenoflower | 2015-02-09 23:39 | 花のこと