パリ・ロンドン、花巡りの旅。Day 3&4

今回のパリ旅行で、どうしても乗ってみたかったもの・・・。
それは、セーヌ川の遊覧船、バトー・ムーシュでした。

日が暮れ始めた6時過ぎ(パリもロンドンも、暗くなるのは7時半過ぎでした・・・!)に
船の発着所に到着。
オープンエアーの2階へ上ったら・・・さあ、出発です。


a0198542_21425589.jpg

            アレクサンドル3世橋が、見えてきました!


a0198542_21444428.jpg

      ノートルダム大聖堂。通ったときに、ちょうど鐘が鳴り始めて大感動・・・!


a0198542_21465462.jpg

       橋をくぐるとき、どの橋でもたくさん、手を振ってくれる人が・・・♪!


ちなみに、この橋にたくさん付いているのは、南京錠。恋人達の、愛の誓いの証です。
それにしても、この鈴なり状態。いったいいくつ、あるのでしょうか・・・?!


a0198542_215041100.jpg

       マリー・アントワネットが最後の時を過ごした、コンシェルジュリー。


a0198542_21531370.jpg

             いよいよ、エッフェル塔が見えてきました!


a0198542_2154461.jpg

            こんなに近くで見られて・・・ただただ、感動。


近くで見たエッフェル塔は、もちろんすごく大きいのですが、本当にデザインが繊細なので
全く威圧感を感じなかったのがとても印象的でした。
鉄骨の曲線やレリーフ、茶に近い微妙な色合いが、むしろ女性的な印象。
前にも増して、大好きになりました。


パリを代表するモニュメントたちと一緒に、本当に綺麗な夕焼けも堪能出来た
素晴らしい時間を過ごし、帰りはゆっくりとセーヌ河畔を歩いて、
ルーブルのバス停へと向かいました。


a0198542_2221889.jpg

            橋桁まで本当に美しい、アレクサンドル3世橋。


a0198542_2231021.jpg



a0198542_2241498.jpg



a0198542_2244052.jpg

             この夕焼け。一生忘れない思い出に、なりました。


a0198542_2264988.jpg

    辿り着いたルーブルのガラスのピラミッドには・・・何と、赤いレーザービームが!


・・・これは絶対、下にいらっしゃる方の威力に違いありません・・・!
(『ダ・ヴィンチ・コード』の読み過ぎ(笑)。)


載せたい写真が多すぎて、また書きたいことが多すぎて・・・
なかなかロンドンまで辿り着かないので(笑)、今日は欲張って
滞在最終日のことも書こうと思います。


最終日の月曜日、まず向かったのは、これもまた絶対行きたかった、
パリ・オペラ座のパレ・ガルニエでした。


a0198542_2215930.jpg

             バスを降りたら、そこには夢の殿堂が・・・。


大好きなシャガールの天井画があることや、ミュージカルの『オペラ座の怪人』が大好きだから
など、行って見たかった理由はいろいろあるのですが・・・
とにかく、あまりの豪華さとスケールに圧倒され、本当に言葉もありませんでした。
なので・・・ブログもここからは、言葉なし(笑)。

チケット売り場で、入場用のチケットを買ったら・・・
その先からすぐ、夢の世界が始まります。


a0198542_22213559.jpg



a0198542_2221532.jpg



a0198542_22221677.jpg



a0198542_22223519.jpg



a0198542_2223863.jpg



a0198542_22234426.jpg



a0198542_22243194.jpg



a0198542_22245632.jpg



a0198542_22251972.jpg



a0198542_22254044.jpg



a0198542_22255961.jpg



a0198542_2226249.jpg



a0198542_22264940.jpg



a0198542_22471854.jpg




・・・ここが「宮殿」ではなく、現役の「劇場」なのが信じられないくらいの、
本当に絢爛豪華な、夢の世界でした。

有名な、オペラ座の大階段も上りつ降りつしてきたのですが・・・
びっくりしたのは、大理石の手すりが、とても低かったこと。

パレ・ガルニエが完成したのは、1875年だそうなので・・・
小柄で、ウエストを絞ったドレスの貴婦人達が、優雅に扇をはためかせながら
階段を上っていく様子がふっと浮かんできて、魔法にかかったような気持ちになりました。

いつの日か、ここでオペラやバレエを観ることが、これからの夢の1つになった、
パレ・ガルニエ訪問。
本当にお薦めですので、パリに行かれる機会には是非・・・・・!
(注:『オペラ座の怪人』ファンの方、とにかく異様にテンションが上がりますので、
どうぞご注意を・・・☆!)
[PR]
by serenoflower | 2014-10-05 22:48 | PARIS