憧れの、ミシン脚テーブル。

お洒落なインテリア雑誌でときどき見かける、アンティークのミシン脚テーブル。 ずっとずっと、素敵だなあ・・・と、憧れていました。

でも、ネットで探したりしても、けっこうなお値段で、憧れのままかなあ・・・と思っていた時、テーブル天板なしの「脚」だけを、数多く扱っているショップを発見! お値段もテーブルの半額以下だったので、どのデザインにするか悩んだ末、手に入れてしまいました・・・!

a0198542_209790.jpg  シンガーミシンの、脚です。微妙にデザインが違うものがいろいろあったのですが、「SINGER」のロゴが入った「H」形の部分が、スラっと伸びている、この子に決定!  足踏みペダルと廻し車は、今でもまだ連動して動きます。











憧れのミシンの脚だけ見てニコニコしていたのですが、さて、天板を自作しなくてはいけません。 さっそく、ホームセンターで、板を買ってきました。



a0198542_20161058.jpg  木目がきれいな、パインの集成材にしました。細長い板は、別の用途に使う、桧(ひのき)の、すのこ用の板。すのこ用に面取りしてあるので、ちょっとした棚板にぴったりです。












天板にする板は、古くなった皮むきピーラー(!)で面取り後、角をカッターでけずり、紙やすりをかけました。

塗装は、初挑戦のワトコオイル。色は「ダークウォールナット」にしました。



a0198542_2023404.jpg  だいぶ、アンティークな表情になりました。 桧の板は木目の色の差がはっきり出て、何だかワイルドな感じに・・・。














a0198542_20262296.jpg  脚部分にセットして・・・完成です! 思っていた通りに仕上がったので、眺めてはニコニコ、撫でてはニヤニヤ・・・怪しい人です(笑)。













a0198542_2030812.jpg

                      擦り減った感じに仕上げた、角の部分。


   お休みの日にお茶をしたり、好きな雑貨を飾ったりして、大切に使っていきたいなと思っています。


     桧の板は、近いうちに棚板にするつもりなので、完成したら、ブログに載せる予定です!
[PR]