プラスチック鉢を、アンティーク風に。

今日は久々に、アクリル絵の具&水性ペンキを使って、「なんちゃってアンティーク塗装」をしてみました。

a0198542_1133993.jpg 
 クラシックなデザインの、プラスチック鉢を塗ることにしました。 目指すは、「フランスの古城にあるような・・・」。さて、どうなることやら・・・?


まずは、灰色のアクリル絵の具(トールペイント用を使用。プラスチックボトル入りで、画材屋さんなどで100円ちょっと)をスポンジにとり、ゴシゴシ摺りこみます。

スポンジも、トールペイント用のものを使いました。天然の「海綿」で、ポコポコあいた穴が、塗装時にいい味を出してくれます。





a0198542_1215777.jpg  全体が、灰色になりました。何となく、石っぽくなったかな・・・?


次に、オフホワイトの水性ペンキ(たまたまペンキがあったので使いましたが、トールペイント用絵の具でも可)をスポンジにとり、ポンポンとたたくように塗装していきます。 ペンキがかすれる位がいいので、新聞紙などでスポンジのペンキの量を調節しながら、ひたすらポンポンと塗装。

乾いたら、何箇所かにオフホワイトを重ねてポンポンと塗り、ハイライトを入れます。





a0198542_1415456.jpg  出来上がりは、こんな感じになりました。古城にありそうかは不明ですが・・・うんうん、上出来!














a0198542_1442643.jpg  白い鉢だったので、灰色と白の2ステップで塗りましたが、茶色の鉢だったら、白を塗るだけでも「使い込んだテラコッタ鉢風」になります。

ポイントは、鉢の側面が、こんな風に「ザラザラ鮫肌風」なものを選ぶこと。塗装の風合いの出方が、全然違います。










塗り方にムラがあっても、絵の具やペンキが付き過ぎても、「・・・ん~、味わい深い!!!」で片付けてしまう、ワタシです。

それがまた、なんちゃってアンティーク塗装の、いいところ。肩の力を抜いて、マイペースに、楽しんでいます。
[PR]
by serenoflower | 2011-03-04 01:27 | ガーデニング